社会福祉法人の会計情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉法人の会計情報

社会福祉法人の会計その他の情報です

会計監査人募集情報 社会福祉法人東京都社会福祉事業団

会計監査人

会計監査人募集情報

 社会福祉法人東京都社会福祉事業団の会計監査人を募集しています。

 会計監査人候補者の選定について|東京都社会福祉事業団

 拠点区分が37あり、その内サービス活動収益が1億円を超えている拠点区分が14あります。会計監査人は法人全体の計算書類等について意見を表明しますが、法人全体の計算書類は各拠点区分の積み上げです。どのように監査計画を立て、どのように報酬を見積もるのか悩ましいところです。

 平成27年度の監査報告書も公開されていますが、個人の公認会計士の先生が任意監査をされているようです。このような場合にそのまま継続して依頼して良いのか、公募等行う必要があるのかは私もよくわかっていません。もちろん公募をしておけば、結果的に同じ先生が選任されても問題はありませんね。

 予備調査の契約締結予定が平成29年1月13日とされていますが、この時期からだと28年度決算に予備調査の結果を反映できるかどうか微妙です。28年度も従来通り任意監査を受けていて、29年度からは他の会計士なり監査法人が会計監査人に就任する場合はちょっとややこしい話になります。

 法の定めなので当然ですが、会計監査人の任期は平成29年6月開催予定の定時評議員会から平成30年6月開催予定の定時評議員会の終結の時までと明記されています。提案する側にとっては、特に何もなければ次年度以降も選任予定なのか、あるいは毎年公募予定なのかによって提案金額が変わることもあると思います。

 選定する側にとっては、1年で変えることができるように明示しないのかもしれませんが、金額に跳ね返ってくるので結構重要な部分です。

 

 応募意思表明書の提出期限
 平成28年11月24日

 提案書等の提出期限
 平成28年12月2日