社会福祉法人の会計情報

社会福祉法人の会計情報

社会福祉法人の会計その他の情報です

指定障害福祉サービス事業者の行政処分について(栃木県)

不正関係

 以前、柔道経験のある職員が入所者に暴行を加えて重傷を負わせたという報道があった社会福祉法人で介護給付費及び訓練等給付費の請求に関する不正があったとのことです。

 栃木県/指定障害福祉サービス事業者の行政処分について

 処分内容は「平成30(2018)年12月14日から平成31(2019)年6月13日までの間、上記2の指定短期入所事業及び指定就労移行支援事業に係る新規の利用者の受入れを行わないこと。(法第50条第1項)」となっています。

 日経新聞にも出ています。

 福祉法人4千万円不正受給 栃木、過去に入所者傷害も :日本経済新聞

 過去の暴行事件に関してはこちら。

 【宇都宮・障害者施設暴行】理事長が陳謝「隠蔽なかった」 柔道熟練の松本亜希子容疑者「勤務態度はまじめ。更生してほしい」 - 産経ニュース

 日経の記事では「 昨年10月の定期監査で発覚。是正指導後も一部で不正が続いていた。」と書かれていたので現況報告書の「法人所轄庁からの報告徴収・検査への対応状況」を見ましたが、何も記載されていませんでした。

 法人詳細情報(社会福祉法人瑞宝会)

 この法人だけではありませんが、現況報告書に大切なことがかかれていないケースが多いと思います。所轄庁からキチンと指導すべきでなないでしょうか。

 ところで、計算書類の注記「関連当事者との取引の内容」を見ると、今年2月に退任した前理事長との取引内容に「土地賃借・ヘリ」と記載され、3千3百万円の取引金額があります。「ヘリ」って何かなと思って検索したら、この法人には所有か賃借かわかりませんが、ヘリコプターがあるようです。

 この法人の規模は、サービス活動収益9億円、負債2億円、総資産8億円くらいですが、前理事長と同姓の「プロテクターヘリ運航部機長」という役職の方がいらっしゃるようで、「移送・捜索・保護・更生支援事業に従事している他に、月に数回、職員や施設利用者の方々や地元の高齢者の方、そしてお子様方にも無料で体験フライト」を実施しているそうです。

 話は元に戻り、「関連当事者との取引の内容」の「土地賃借・ヘリ」というのは、どうやら前理事長からヘリコプターかヘリポート地代かよくわかりませんが、ヘリコプター関係の賃借料があるのだろうと推察されます。

 ちょっと珍しい取引だと思いましたので、紹介しておきました。

大磯恒道会が破産 大磯、二宮で福祉施設運営、負債額3億円以上(2018年12月11日カナコロより)

その他の情報

 年の瀬のあわただしい時期ですが、大磯、二宮両町で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人が東京地裁に破産申し立てをしたそうです。

 大磯恒道会が破産 大磯、二宮で福祉施設運営、負債額3億円以上(2018年12月11日)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 「大磯、二宮両町で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「大磯恒道会」(尾尻和紀理事長)が東京地裁に破産申し立てをしたことが10日、分かった。恒道会を巡っては、両町の議会が適正な施設運営を求めて意見書を提出、県も法人に対して行政処分を繰り返した経緯があった。負債額は3億円以上とみられ、施設運営は今後、別の社会福祉法人が引き継ぐ方針で協議が続いている。」

 法人詳細情報(社会福祉法人大磯恒道会)

 現況報告書の理事会の決議事項欄を見ると「神奈川県監査指導・合併交渉解消について」、「役員人事について」、「平成29年度補正予算案・役員人事・経営改善計画について」など苦しそうな状況がうかがえます。

 計算書類では、未払費用が8千万円、預り金が2億1千万円の増加と仮払金2億5千万円の増加が気になるところです。未払費用は資金繰りが苦しくなったことが想像できますが、預り金と仮払金の増加は意味不明です。

 現況報告書の監事監査の状況にも「仮払いに関し内容精査を必要とする」と記載があります。この金額の仮払金で適正意見は出せないと思いますが、監事の監査意見は適正意見だったかどうかは不明です。

 「県も17年以降、14回にわたり監査を実施。経営改善計画を提出するよう今年3月から計5回、改善命令を行った。16年度の同法人の決算書によると負債額は約3億7千万円。」とありますが、「所轄庁から求められた改善事項」に関しては何も記載がありません。

 記事には「恒道会の施設運営については、社会福祉法人「豊友会」(山口県下関市、山内純一理事長)が施設職員の雇用を含め事業を引き継ぐ意向を示している。来年1月にも事業譲渡の契約を結ぶ方向で、恒道会の弁護士は「施設利用者への影響はない」と説明している。」とありますので、利用者の方へ大きな影響は無さそうなのがせめてもの救いです。